外村吉太郎家の「箴言」(しんげん)

「箴言」(しんげん)
一、 互譲以テ相和シ業務ニ努力スベシ
一、 今日成シ得ベキ事ハ明日ニ延バスコト勿レ
一、 正シキ心掛ヲ以テ身ノ潔白ヲ保ツベシ
一、 言行ヲ慎シミ無益ノ交ヲ爲スコトナカレ
一、 温顔以テ人ニ接シ心ノ平静ヲ期スベシ

外村宇兵衛家は、外村(輿)与左衛門家から享和2年(1802年)に分家し、その宇兵衛家から、明治28年(1895年)に分家したのが外村吉太郎家である。
明治40年(1907年)に独立。東京日本橋と高田馬場に呉服木綿問屋を開いた。

明治43年に定めた外村吉太郎商店「店規則」は全26カ条あり、第1~3条は次のとおり。

「店規則」
第壱條 業務ニ勉勤シ商店ノ利益増進ヲ計ル可シ
第弐条 得意先ハ勿論取引先下職ニ對シテモ言語動作ヲ慎ミ大切ニ應接可シ
第参条 火之尤ヲ注意シ毎夜戸締厳重ニ成ス可シ

連絡先